2017関西アマチュア地区サーキット結果



2017 AJSA 関西アマチュアサーキット開幕!



第1戦目が行われたのは、大阪府熊取町にある永楽ゆめの森公園スケートボード広場。エントリーは58名と、関西ではまぁまぁの人数。昨年は表彰式前のゲリラ豪雨で一時中断といった一幕もあったが、今年は終始天候にも恵まれ、過ごしやすい環境の中での開幕戦となった。









受付担当はパンク姉さんと、ハスコのユウスケ。



今回は選手達にアンケートをお願いしました!



後列は高澤、野田、奥野のメインジャッジ3名。前列はゲストジャッジの森中プロと岸田プロ。



MCは京都からヒデさん!



音響担当はいつものDJマサアキ!



予選では上村颯がノーミスの完璧なランで282ポイント1位通過。2位にはここ最近徐々に頭角を現してきた浅井艶照がコース全体を使った無駄のないライディングで。3位には昨年の覇者、永井海夢が持ち前のパワフルなライディングで262ポイントを獲得。続いて山附明夢がスムーズなルーティーンに難度の高いトリックを連発して4位に。5位には田園のローカル宮城栄吾が258ポイントで。6位には京都からエントリーの川崎哉が。7位にはスタイリッシュで安定したライディングの家原鷲。そして8位には和歌山のレディースライダー、四十住さくらが239ポイントで続いた。



予選のリザルトを確認する選手達。



ではいつもの様に16名のファイナリストを今回はポートレート付きで!

16位 川崎哉(ムラサキ京都ヨドバシ)115ポイント





予選を6位で通過したハジメだったが、決勝では2本とも振るわなかった。難度の高いトリックをすんなり連発してくるところは、ジャッジからの評価も高い選手。大会終了後にとても悔しそうにしていたのが印象に残っている。今回の結果にこだわらず、これからも頑張って欲しい!


15位 中川 友揮(ムラサキ 梅田NU茶屋町)118ポイント





スピードがあって、テンポ良く繰り出されるトリックはどれもがカッコイイ!決勝では2つ順位を落としてしまったが、今後の活躍が期待されるドーカスボーイ!


14位 清水 太陽(ムラサキ 倉敷)129ポイント






岡山からエントリーのタイヨウは、顔に似合わずなかなかシブい滑りをする。今回の成績はイマイチだったが、大会慣れすれば間違いなくもっと上位を狙える選手だ!


13位 高澤 黎(ハスコ)164ポイント





とにかく何をしても目立つ! ワイルドでワルさ全開のライディングは個人的にかなり好きだ。写真は逆バージョン。みんなが降りるところを彼は登る。人と違った滑りをするのも彼の魅力のひとつだ。


12位 杉山 想真(ムラサキ 堺北花田)184ポイント





ソウマも今回は順位を上げる事ができなかった。前回の大会でも決勝に進んだ選手だ。今回はミスが目立ったのか、ポイントが伸びなかった。


11位 甲斐 穂澄(FIVE CROSS)189ポイント





小さな体でビュンビュン走り回る感じは最高! アールもストリートもとてもいい感じで滑れている。経験を積んで、場慣れして、将来が楽しみな選手!


10位 阿曽 竣也(SPOTAKA)192ポイント





ちょっと見ないうちに体つきも声も大人っぽくなったシュンヤ。自身の滑り方が完成されてきた感じだ。持ち前のスタイルを生かして、これからも大会を盛り上げて欲しい。


9位 今村 怜也(ムラサキ 久御山)202ポイント





昨年の予選落ちから今回は一気に9位まで上がって来た! 全体的にスムーズだし、スタイルも技の完成度も良い。ジャッジ受けするタイプだ。今後は間違いなく上位に食い込んで来るだろう。


8位 坂本 輝月(FIVE CROSS)214ポイント





いきなり出て来てこの成績は素晴らしいとしか言いようが無い。スピード、トリックの難度、ルーティーンの構成、どれもが良かったと思う。一言で言い表すと、キズキはスケートボードに乗れていると言った感じのライダー。間違いなく末恐ろしい選手だ!


7位 四十住 さくら(FIVE CROSS)228ポイント





毎回の事だが、男子顔負けの滑りには脱帽! 決勝に残るたびに順位を上げて来る。男子の中にあってこの成績は大したものだ。オープンクラスの表彰台に上がるのも時間の問題だろう!?


6位 宮城 栄吾(ムラサキ 神戸北)234ポイント





ここ最近は表彰台から遠ざかっているエイゴ。それでも得意のエアーウォークは健在だし、フロントエアーもぶっ飛んでいた! ストリートもアールも非常に上手い選手だ。


5位 家原 鷲(FIVE CROSS)236ポイント





シュウもキズキ同様、いきなりの大会で5位に入賞! とにかく滑り方が抜群にカッコ良い! スタイリッシュだ。難度の高いトリックもサラリとこなすし、スピードも技のチョイスもルーティーンの組み立て方も申し分ない。彼の将来が非常に楽しみだ!


4位 永井 海夢(FIVE CROSS)238ポイント





昨年の覇者シームも今回はミスがたたって4位にとどまった。パワフルでスピードのある滑りは、いつ見ても迫力があって見応えがある。第2戦、第3戦の彼の滑りに期待しよう!


3位 上村 颯(IS OLLIES)241ポイント





予選は1位で通過したハヤテだったが、彼も決勝ではミスが目立った。クイックで、時間内に沢山のトリックをキメて来るところは流石だ。表彰台を狙うには決勝でのノーミスがマストとなってくるが、今後はオリジナリティーな大技も欲しいところ。


2位 浅井 艶照(ムラサキ 鶴見緑地)262ポイント





今回のエンショウはジャッジ全員を唸らせた様だ! トリックの何度、完成度、ルーティーン、もちろんどれもが良かったが、コースの使いた方が際立って良かった様に思う。今後は関西ストリートスケーターのトップとして君臨するのは間違い無いだろう。


1位 山附 明夢(TRIAL)278ポイント





決勝においてノーミスがいかに大切か! と言う事を知らしめた今大会のアイムのランだったのでは無いだろうか。ジャッジ全員が90点以上を付けた2本目のランは文句なし! 非の付け所が無い素晴らしいライディングだった。



リザルトを確認するジャッジ陣。3位から6位まではかなりの僅差だった。



成績発表前の選手達。



岸田プロを挟んで、左がアイム、右がエンショウ。



アイム「やったぁ〜!」 エンショウ「くそぉ〜!」



左から2位 浅井選手、優勝 山附選手、3位 上村選手



1位から8位までの入賞者の面々。みんなおめでとう!



レディースクラス入賞者。左から2位 西矢選手、優勝 四十住選手、3位 前田選手。(みんなカワイイ!)





以上、2017 AJSA 関西アマチュアサーキット第1戦、無事に終了しました。第2戦は6月18日、堺市のバラ池公園スケートボードパークでの開催です。

(写真 / 文 塩谷眞吾)